寝る子は育つから、うちの子にも熟睡してほしい!

By | 2015年6月17日

お久しぶりです。かみるうです。
先日、中1のお子さんがいらっしゃるママさんからご質問いただきました
『睡眠』について、今日はお話ししようと思います。

中1ママさんのお悩みは、体が疲れているのによく眠れないというものでした。

中学1年生って、小学校から中学校に環境が大きく変わり、
子どもから一気に大人の環境を求められるしんどい時期ですよね。

たとえば、寝る時間。
うちの息子は健康優良児で、
小学生の頃は夜8時半になると「もう眠い。」とよく言っていました。
実際に毎晩、9時には寝ていました。

小学生の頃から、毎朝一人でシュート練をしていたので、
自然と夜眠くなって、朝は早く眼が覚めるという生活をしていました。study_yaruki_nai

ところが中学生になると、8時半で眠くなっていては、
生活が成り立ちません。

なんせ部活から帰って来るのは夜7時頃。
8時半なんて、塾の授業の真っ最中!!
そんな時間に眠くなっていたら、勉強なんて全くできません。

部活の朝練が始まってからは、「眠い」が口癖になっていましたね(-_-)zzz

小学生の頃、寝過ぎていたよい子の息子は、
そのギャップに1年以上苦しみ、成績、勉強面で非常に苦しみました。

小学生の頃は、うちの子はよい子だわ~と呑気に考えていましたが、
中学生になってからは、困ったことになったものだと、私も相当悩みました。

忙しい中学生は、睡眠時間はどうしても短くなりがちですから、
「質の良い睡眠」重要ですよね!!

睡眠中というのは、1日のうちで最も多く成長ホルモンが分泌される時間帯ですから、
この時間を充実できるかどうかというのは、伸長生活には死活問題です。

伸長生活の基本で、いくつか睡眠については書いていますが、
もう一度、まとめてみたいと思います。

まず、ぐっすり眠るためには、
からだの内側から整えることが必要です。onsen_man

そのためのポイントは、体温調整です。

熟睡するには、体温が下がることが必要とされています。
そのために一時的に体温を上げ、
眠りに入る時に、それが冷めていく感じがよいのです。

つまり、
寝る直前に熱いお風呂に入るのはやめた方がいいということ。

具体的な方法としては、
寝る一時間くらい前に、ぬるめのお風呂に入る。
ミルクなどの温かい飲み物を飲む。などですね。

この時、コーヒー、紅茶などカフェイン入りのものは避けましょう。

睡眠を助ける栄養素を摂取するといのも、 ひとつの方法です。

代表的なものは、トリプトファンというアミノ酸やカルシウム、ビタミンB12など

食品からの摂取についは、こちらのページで紹介しています。

ちなみに、かみるうがこちらのページでご紹介しているデルタバランス には、
安眠を助けるアミノ酸である「 グリシン」、「トリプトファン」の二つが含まれています。

「こころ」を整えることも重要です。
ご周知のとおり、ストレスは安眠の大敵!!
気にかかっていることをなるべく解決できるように
ストレスの少ない生活を目指しましょう。

もちろん、伸長を伸ばすためには、、
電気を消して真っ暗にして寝ることも忘れずに!
(くわしくは、こちらのページです)

3 thoughts on “寝る子は育つから、うちの子にも熟睡してほしい!

  1. コウ君ママ

    睡眠方法のブログありがとうございました。私も主人も一切スポーツをしない学生時代だったので何もアドバイス出来ず…ミニバス時代は常に期待され試合に出るのが当たり前だったので今はだいぶツラいみたいで…勉強に部活に中学生はほんとに大変ですね

    Reply
    1. かみるう Post author

      またまた2通もコメントいただき、ありがとうございます(^^ゞ
      実はね、かみるうもスポーツは中学までしかしていなかったんですよ。

      うちの場合は、主人が柔道でインターハイ目指していたそうで、
      怪我のこととか、からだ作りのこととか、色々と主人から教わることもありましたが、
      息子が必要に迫られたので、私自身も必死になって色々調べたり、
      半信半疑で実践してみたりしたことが、結構ブログの記事になっています。

      同じような悩みを抱えた方達のお役に立てたら、うれしいです(^ω^)
      一緒にがんばりましょう!!

      Reply
  2. コウ君ママ

    ありがとうございます。これからも参考にさせていただきます。もう少し早く このブログと出会えてたらと思いました…

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です